石本 美由紀。 作詞家・石本美由起×美空ひばり 昭和歌謡ふたつの歌魂~海が育んだ絆~(BSテレ東)の番組情報ページ

昭和の名作詞家また…石本美由起さんが死去― スポニチ Sponichi Annex 芸能

その数200作品。 不定期出演 書籍 連載 2007年7月6日より11月まで4週間に1回、(東京版夕刊)に『 石本沙織の四季織々』と題するコラムを執筆していた。 (2005年7月20日、7月29日 - 9月30日の金曜日、アナの代役。 9 女性メインキャスターが担当。 矢切りの渡し:瀬川版には送り仮名の「り」がある• ひばりに「ひばりのマドロスさん」をはじめ「港町十三番地」「哀愁波止場」「悲しい酒」「人生一路」などのヒット作を提供し、ひばり伝説の一翼を担った。 佐藤健『演歌・艶歌・援歌 わたしの生き方 星野哲郎』、2001年、49-51頁。 122012年6月に廃止。

>

昭和の名作詞家また…石本美由起さんが死去― スポニチ Sponichi Annex 芸能

2 『』から続投(富永・岩谷は前々番組の『』から)。 薔薇を召しませ• チアリーディング指導者検定に合格している。 は「母は最後まで石本先生の歌を大事にしていた」と話し、ひばり自身が選ぶコンサートの曲には必ず石本作品があった。 曲の作詞は石本アナ 作曲はアナが担当した。 逢いたいなァあの人に• 2006年9月14日、アナ代役)• - 公式ブログ - - - 1 18時台のみ出演(黒岩は1999年5月以降)。 第44回2007「新春荒波太鼓」演目(2007年1月1日)• 同年7月13日放送の同番組では「」を披露して99点を獲得し2位(優勝者は「」を歌ったアナウンサー)になる。

>

石本美由起さん通夜…祭壇前にひばりさん草稿― スポニチ Sponichi Annex 芸能

無駄なことでも、いつかは生きてくる。 を持った歌唱力が有り、歌の上手さではフジきってのものと言われる。 他の代表曲には、故郷の窓から遠い空を想い続けた少年の日を思い出して書いたという「」や「薔薇を召しませ」、「陽気なハーモニカ娘」、「こんなアベック見たことない」、「渡り鳥いつ帰る」、「逢いたかったぜ」、「東京の人さようなら」、「逢いたいなァあの人に」、「ソーラン渡り鳥」、「十国峠の白い花」、「おんなの海峡」、「大ちゃん数え歌」(アニメ「」主題歌)、「」()、「」(日本レコード大賞)、「」「女の旅路」(日本レコード大賞)などがある。 」コーナーではのを披露して100点満点を獲得し、審査員のは「楽曲提供のプレゼンをしたい」と、司会の千原ジュニアは「Go to 『』!!」「'Go to 『』!!」とそれぞれ評した。 憧れの東京• おんなの海峡• 発行の創刊号から発行の第171号で廃刊となるまで、満30年に及ぶ長きに渡っての活動であった。 2015年3月20日閲覧。 浅草姉妹• 生家はやなどを見渡せる風光明媚な場所に建ち、幾分救われる。

>

【石本美由起】プロフィール(年齢)

浅草姉妹• BSフジ、)• 土曜日担当(2009年10月3日 - 2011年3月26日)• 憧れの東京• さすらい小鳩• 2011年10月5日より2012年9月末日まで、『』メインキャスターを務めたの後任として、水 - 金曜日担当のメインキャスターを務めた。 (2004年7月12日)鎌倉でカニグラタンを食べる• 『フジアナスタジオ まる生』の企画で結成されたバンド「BANG! 2015年11月4日閲覧。 フジテレビ女子アナフットサルチームの正として、とともに「お台場のカベ」とに命名される。 大衆の哀歓を反映させた叙情的な作品が多く、国内旅行さえもままならない戦後わずか3年の48年に「憧れのハワイ航路」を出し、敗戦で打ちひしがれた人々に夢を与えた。 来歴・人物 [編集 ] 幼少からを患い、家に閉じこもるような生活を送る。

>

石本美由起作詞の歌詞一覧

貴船翠風• - フジテレビ• 2009年7月18・25日、休養時にキャスター代理を務めた。 (2003年11月23日、2004年3月28日、2005年4月24日、7月17日、11月20日、2006年4月2日、5月21日、6月18日、2007年1月7日)• 新歌謡界 作詞家を志す後進の育成を目的として歌謡同人誌「」を主宰した。 おんなの海峡• 仕事が速い石本さんがこの歌だけは完成せず、何日も酒場へ通って苦しんでできた作品。 1998年。 他のキャスターがパートナーにつくことが多かった。 (2011年7月3日 - 9月25日)昼枠キャスター• 2014年12月21日に午後5時16分、第1子(長女)を出産した。 (2006年9月26日)自首し見事賞金を獲得• ここからや、、らを初めとする多くの優れた才能が世に輩出されている。

>

石本美由起とは

矢切りの渡し:瀬川版には送り仮名の「り」がある• 美空ひばりには約200作を提供。 さすらい小鳩• 、に入隊するが、すぐ体調を崩してに入院。 池田憲一『歌謡界人間 ひと 模様』白馬出版、1990年、260-262頁。 「酒場ひとり」は1992年日本作詩大賞グランプリ。 112011年3月にスポーツが文化芸能部に吸収。 主な作品 [編集 ]• 逢いたかったぜ• テーマ『スポーツキャスター』フジテレビ一、体験取材が多いアナウンサーとして 外部リンク• 発行の創刊号から発行の第171号で廃刊となるまで、満30年に及ぶ長きに渡っての活動であった。

>

石本美由起作詞の歌詞一覧

、に入隊するが、すぐ体調を崩してに入院。 ものを作る源もいろいろな人に会って、何か吸収すること。 (2010年5月29日 - )産休時の代理。 来歴・人物 [ ] 幼少からを患い、家に閉じこもるような生活を送る。 大ちゃん数え歌• 9 交代で出演。 (2016年7月3日 - 2016年9月25日)- 土曜日のニュースコーナー• 戦後、作詞を始め、が主宰する歌謡『歌謡文芸』に投稿を始める。 薔薇を召しませ• 少年時代はぜんそく気味で、目は文芸の世界に向けられていた。

>