ナルト ヒナタ 小説。 ひだまりのきみ 1。 スレナル×ヒナタっす。

ナルヒナ(ナルト×ヒナタ)の小説(SS)・漫画・イラストをまとめ【NARUTO】【ナルト(NARUTO)】

「好きでも良いか?こんな馬鹿な俺が。 ヒナタの手を握るナルト 出典: 「お前がオレの横にいてくれたおかげだ」と言いヒナタの手を握るナルト。 カブトも無理だけど、 ちゃんとヒナタの治療してくれる奴を用意してあるから、早く良くなれよ。 また、ペイン六道を操っていたにナルトが対話して決着をつけた後、もナルトに告白している。 ヒナタが内に秘めていた思いをナルトへ告白するシーンが印象的であり、 ナルトがヒナタへの思いに目覚めるきっかけとなった場面です。 明日からはハヤテの方がヒナタの治療に当たるから…いいな?」 自分の後ろに控える2人を振り返って説明するナルトに、ヒナタは微笑んで頷く。

>

日向ヒナタ (ひゅうがひなた)とは【ピクシブ百科事典】

ああ、良かったなアナタが居て。 ナルトは握ったままのヒナタの手を両手で包むように握り直して、近くにあった 椅子に座る。 気弱で引っ込み思案 明るくて周囲の雰囲気を変える妹「 ハナビ」とは対照的に、暗くてネガティブ思考が抜けきれない性格をしています。 「助けて…ヒナタを助けてくれ。 「しばらくは絶対安静ですが、時折ボクが様子を見に寄れば数ヶ月後には完璧に。 そう言って笑うナルトの手を握ったまま紅は、唇を噛む。 「ま、私3人はこの3人の中で一番弱いんだけどね。

>

ひだまりのきみ 1。 スレナル×ヒナタっす。

ネジ兄さん、ハナビ。 「ヒナタ!」 慌てて抱き抱えるナルト。 八卦双獅子崩撃 THE LAST 特に第四次忍界大戦で習得した、「八卦六十四掌」は彼女が戦闘を通して成長した証として読者の記憶に強く残っています。 早く終わらせて点穴マッサージをしてあげなきゃ。 ところがサクラは、ナルトとは別のイケメン( サスケ)が好きだった。 「お姉ちゃん、 ピクニックついでに修行してあげる!」 こいつは一体何様なのか? ヒナタが妹ハナビをこれほど、 憎たらしいと思ったのは初めてだった。 ヒナタは内気でネガティブ思考を持つ性格をしていましたが、大人になっても特に変わっておらず相変わらずのヒナタっぷりを見れます。

>

ナルヒナ(ナルト×ヒナタ)の小説(SS)・漫画・イラストをまとめ【NARUTO】【ナルト(NARUTO)】

」 ふっとナルトは溜息をついて、完全ではないにしろばれているだろうドベの仮面を 外す。 手術室に横たえられた傷だらけのヒナタにナルトの顔が歪み、それを見つめる カブトもそっと眉を寄せる。 もちろんナルトなど主要なキャラクターは、成長していきたくましくなりますが、元々の素質がそうさせていた所があります。 サスケの服は前面が吹き飛び腹に拳の後がくっきりと刻まれている。 それ故にナルトが自分が知っているドベではないのは、わかってしまっていた。 「ナルト. 」 ヒナタの意識が、急に無くなったのだ。 今日程、二面性を生きなければならないナルトの辛さを噛みしめたことは なかったとシカマルは思う。

>

ナルト疾風伝ヒナタVSペイン戦のシーンは何話?告白シーンも!

とはいえ、普段は温厚な良妻賢母であり、多忙なナルトの体調を気遣ったり、子供たちの成長を日々見守る良き母親として描かれている。 アナタの唇がくれた言葉で今でも私は忍者として生きている。 「嘘つきで…どうしようもない最低の奴なんだけど俺。 こっちにも追っ手が来てるみたい。 「辛くない…?それ。

>

日向ヒナタ (ひゅうがひなた)とは【ピクシブ百科事典】

人見知りが激しい• 「ナルト様、どうぞ。 「殺されたいのかしら? あなた達。 」 嘘で固めた自分。 座り込んで血を吐いたヒナタを、ナルトが支えてゆっくりと床に横たえる。 。 劣等感を拭うためのモノでもなくて…アナタに認めてもらいたい力。

>

小説

今まで見てきたナルトの全部が嘘で固めたものでも、冷たく冴えるような気を 纏ったヒナタが知らなかったナルトも好きですと。 あなたに初めて出会ってからから、どれくらいの幸せをもらっただろう。 お弁当作るからチョット待っててね。 」 その名に聞き覚えがあったヒナタは、驚きながら確認する。 ナルト君は、私が支えていきます。 「やっと顔出したのに明日から…しばらく来られない。 もちろんダウンロードもできるので、キャンペーンやセールを活用して、 興味のある漫画をまとめ買いするのもお得! ぜひ各サイトを使いこなして、お得にたくさんの漫画を読んでください! まとめ ここまでご覧いただきありがとうございました。

>