先 従 隗 始 現代 語 訳。 『先従隗始(先づ隗より始めよ)』原文・書き下し文・現代語訳

高等学校国語総合/漢文/先従隗始

「 為り」は"たり"とよみ、断定の意で"~である"のように訳す。 これが昭王(しょうおう)である。 得身事之。 一年もたたないうちに、千里の馬が三頭もやって来ました。 」 其の父曰はく、 「此れ何遽(なん)ぞ禍(わざわい)と為る能(あた)はざらんや」と。 燕王 死を弔い生を問い、百姓と其の甘苦を同じうすること、二十八年。 今もし王様が、きっと賢者を招きたいとお考えならば、まずはこの隗(を優遇すること)からお始めください。

>

『十八史略』「先づ隗より始めよ」の書き下しと現代語訳と重要表現の解説2

」というような意味で使われることが多くなっている。 駿馬はすぐにも手に入りましょう』と言うのです。 誠に賢士を得て国を与に共にし、以つて先王の恥を 雪 すすがんこと、孤の願ひなり。 名馬だからこそ死んでも価値があり、まして生きた名馬ならもっと価値がある、ということである。 身(み)之(これ)に 事 つか ふることを得ん(えん)。 是に於いて昭王隗の為に改め宮を築きて、之に師事す。 従 リ 助詞。

>

「隗より始めよ」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

has-watery-yellow-background-color. 斉王出でて走る。 has-watery-red-background-color. 郭隗は燕王の教育顧問だった。 今王誠欲致士、先從隈始。 弔死問生、卑辞厚幣、以招賢者。 いま、おうかなら ずし をいた さんとほっ せば、ま づかい よりはじ めよ。 以 テ 動詞。

>

先従隗始・十八史略 現代語訳・書き下し文・読み方

況 ンヤ生 ケル者 ヲ乎。 」 せんせいかなるものをしめせ。 涓人が死馬の骨を五百金もの大金で買ったのは、 ただ天下にこの君主が名馬を求めていることを知らせるだけでなく、 その話題性から来る口コミの力によって、 それを宣伝する効果を増加させようという意図も見える。 そして、 楽毅 は連合軍が去った後、およそ5年かけて 斉国内の約七十城を降伏させ、斉国は壊滅状態となった。 君怒る。

>

『塞翁が馬(さいおうがうま)』原文・書き下し文・現代語訳

其 ノ父曰 ハク、「此 レ何遽 ゾ不 レ ラン能 レ ハ為 レ ル禍 ト乎 ト。 士 名詞。 きかちにじょうじ、りくげつのあいだに、せいのななじゅうよじょうをくだす。 意味は「師事する」。 誠得賢士与共国以雪先王之恥、孤之願也。 has-ex-c-border-color::before,. 「 斉は、我が国、燕が乱れているのに乗じて襲ってきて我が国をやぶりました。

>

十八史略 「先従隗始」 現代語訳

孤(こ)極めて(きわめて)燕(えん)の小(しょう)にして以つて(もって)報ずる(ほうずる)に足らざる(たらざる)を知る(しる)。 もってあけいとなし、こくせいににんず。 人皆之を弔(ちゅう)す。 今 王 誠に士を致さんと欲せば、 先ず 隈 (かい)從 (よ)り始めよ。 皆様のお役に立つよう改善していきたいと思っておりますので、ご質問をお寄せ下さい。 臨淄は斉の首都。

>

先従隗始の現代語訳を教えてください!

昭王曰、「寡人將誰朝而可?」。 has-white-border-color::before,. さすれば私よりも優れた者が千里の道も遠しとせず、王に仕えるためにやってくるでしょう」と言うのでした。 意味は「召使い」。 やがて一年もたたないうちに三頭の駿馬が手に入りました。 先趨而後息、先問而後嘿、則什己者至。

>

◆今王誠欲致士、先從隈始…先ず隈(かい、=隗)より始めよ!、一日千里を走る馬を探し求める方法とは?、そして楽毅が燕の怨みをはらす!、戰國策・燕策 ・燕昭王收破燕後即位◆: IKAEBITAKOSUIKA

是為昭王。 燕の昭王に仕えた 楽毅 は、 連合軍を従え斉と戦い、燕国積年の怨みをはらした。 いや思わない。 先生視 二 セ可 ナル者 一 ヲ。 先生、適当な人物を教えて下さい。 その考異に「 諸本 其 骨を其 首に作る」とある。 なお、当時の中国の1里は540m。

>