209 系 3100 番台。 「使い捨て」ではなかった通勤電車、209系の系譜

209系 詳細

本系列の投入にあたっては、乗客へのサービス向上と経済効果の高い路線として京浜東北線が選定された。 ( 2020年6月)• 各番台別車両定員一覧 形式 先頭車 中間車 特記事項の 中間車 元901系グループ 147人 (座席48人) 156人 (座席54人) 0番台 3000番台 3100番台 2200番台 146人 (座席45人) 156人 (座席54人) 6扉車 座席使用時155人 (座席30人) 座席収納時157人 (座席0人) 500番台 3500番台 147人 (座席43人) 162人 (座席54人) 1000番台 141人 (座席46人) 156人 (座席54人) 車椅子スペース付 156人 (座席51人) 2000番台 2100番台 142人 (座席51人) 156人 (座席54人) トイレ付き 149人 (座席48人) 形式 クハ209形 Tc 奇数向き制御車。 機器更新・増備・転配 からにかけて、訓練機械2両1本が追加され、機器更新を兼ねて転配が行われた。 …国立 -• 2005年(平成17年)末のウラ38編成(2両の片側のみ)から工事が始まり、2007年(平成19年)4月までに完了した。 南武線• 上面ファン脇にある四角形のスリットが9個で、スリット8個のAU720Aに対して少し長くなっている。 発足直後の課題の一つとして、首都圏で活躍する通勤電車の置き換えがありました。

>

209系

ケヨ34編成絡みであることは十分に考えられます。 また、案内装置は千代田線内でもJR線と同様の表示が行われているため、千代田線のには対応していなかった。 これまでの0番台とは仕様が異なるため、番台区分が行われることとなったが、区分は同じ川越電車区(当時)所属の103系3000番台に合わせた「3000番台」に決められた。 前面デザインは先に落成した209系950番台の前面と同様としながら、前面FRPカバーを白色に塗装することで、シルバーメタリック塗装の同車との区別を図っている。 新系列車両開発における主な施策は、次のとおりである。

>

209系3100番台(3102編成)

に入り左にカーブすると、右手にが見えてくる。 妻面ビードや雨樋形状など川重製209系の特徴を継承。 しかし、(平成16年)ダイヤ改正においてとの相互直通運転の拡大が実施され、その際JR東日本では埼京線205系10両編成1本の車両増備が必要となった。 シールをはがそうとした跡が見られます。 貫通扉は貫通路のどちらかについており、貫通路の無い車端部は騒音が手に届くかの如く聞こえてきます。 導入名目は以下の通りである。

>

209系3100番台(3102編成)

将来の計画 [ ] 箱根ケ崎駅 - 金子駅間に、主に中央本線用の車両基地を設置する計画があり、用地買収が進められている。 で用いられたの下回りを103系のものに更新した車両。 高麗川駅以北の区間は埼玉県内では唯一、かつ群馬県内ではとともに数少ない非電化区間となっている。 ・と、が単式ホーム化された無人駅を過ぎ、からの折り返し列車もあるに到着する。 では、全景です。

>

【全車引退】八高線209系3000番台退役へ!電化記念?〜生い立ち

ネコ・パブリッシング「レイルマガジン」2010年5月号「JR東日本2010年3月13日ダイヤ改正車輛のうごき」記事を参照。 当初の南武線用のナハ1編成は運用を限定して使用されていたが、1994年(平成6年)12月のダイヤ改正より103系(当時)・205系と共通の運用となった。 「寿命半分、価格半分、重量半分」をコンセプトに開発された209系 寿命半分とは、従来の車両では数十年間の使用を前提としていたものを、法律で定められた減価償却期間(企業会計において年数が経過するごとに資産の価値を減少させていく期間)である13年間を最低の使用期間とし、車両の使用年数を約半分に見直したものです。 空気バネ支持位置を台車枠直上と従来よりも内側に持ってくることで、台車構成が簡略化された。 前もって灯具やラインデリア、など配線を含め取り付けておき、隣接ユニットとはコネクトを結線しながら構体に取り付けるだけで天井艤装が完了するという工法• さらに相互乗り入れ協定に必要な性能を確保するため、電動車の比率向上 6M4T によりを 3. ラジオアンテナの移設(屋根を切り継いで元の取り付け穴を除去し、パンタ側にアンテナを取り付け)• 6扉車を連結した編成には先頭車の前面と6扉車の扉の上部に「6DOORS」のを貼付していた。 0km が延伸開業。 クーラーがAU720Aより一回り大型のAU720Cに変更• これにより、自転車を折り畳む事なく電車に乗せる事が出来る。

>

【八高線】元りんかい線の珍車・209系3100番台が豊田へ疎開・他線区転用?

八王子駅 - 高麗川駅間では夏と冬の期間限定で主に時や長時間停車時を中心にドアの開閉を半自動式(ボタン操作で開閉)としていたが、からは通年で半自動扱いとなった。 14 新宿駅) 先述の3100番台と比較すると黒い部分の面積が増したことで209系らしくなったことがよくわかります。 運用区間: -• 107• 昼間の一部の2両編成の列車においてを行っている。 しかし、2005年(平成17年)に京浜東北線 - 間で列車(ウラ3編成)が長時間にわたって立ち往生した際に、性能の悪さ から多数の乗客が体調不良を訴え、による長時間停車時の問題点が浮上した。 疎開先から日光線の205系を置き換えるのではないか、房総地区ワンマン化の余剰車と組み合わせて転用するのではないかなど、ファンの間で様々な噂・推測が続いています。 設置箇所は、両先頭車の前端両側で、高さはホーム高に揃えてある。 運用線区:• 群馬藤岡駅・丹荘駅・児玉駅が開業。

>

209系川越車両センター編成表(最新版)

358。 しかし、これでは今度は京葉線の車両が足りません。 そして、901系の試験や営業後の評判を踏まえて登場した209系量産車が、1993年にデビュー。 台車中心間距離については0番台と同様の 13,300 mm であるが、端部が千代田線内でのに抵触するために先端が斜めに削られている。 これは、過回転を許容する交流電動機との組み合わせによって定格出力を抑え、コストや重量を削減することにもつながっています。

>